生活情報

猫だらけのケーキ屋さん、猫好きの大人や子供が絶賛

 

 

今回はSNSで話題になっている猫だらけのケーキ屋さんについて注目した記事になっています。ケーキ屋さんのショーケースに並ぶケーキが、全部可愛い猫という写真がSNS上にアップロードされ話題になりました。そんな猫だらけのケーキ屋さんについての記事です。猫好きやケーキ好きそうでない方でも楽しめる内容の記事になっていますので是非最後までお読みください。では早速本文に入っていきます。

話題になったのはショーケースに並ぶケーキが猫だらけで話題になった洋菓子店『パティスリーミネット』です。

所在地は兵庫県の西宮市でSNS上で『猫だらけ』とツイートされ話題になりました。ネット上で話題になっている写真には、2段のショーケース全体の範囲が猫型で、形や味の違う猫のお菓子が約14種類ほど並んでいます。そのツイートには10,5万以上のいいねがつき、ここ行きたい!やテンション上がる!など絶賛するコメントが相次いでいます。

 

パティスリーミネットとは

2019年にオープンされたパティスリーミネットは、猫が大好きなパティシエのご夫婦2人が営む洋菓子店です。クッキーやケーキのみならず、店の装飾も猫がいっぱいです。それほど猫が大好きなのでしょう。

ご結婚された時、ご主人の柏堂肇さんは黒猫を2匹、奥様も猫を2匹飼っていたとのことです。家族で4匹の猫を飼うほどの猫愛好家なんですね。

そんな猫愛好家のご夫婦が作られた猫のケーキやクッキーは猫が好きな方にはとても刺さるのではないでしょうか。自分の好きなものを作って、それが話題になるととても嬉しいですよね。

 

そんなご夫婦ですが、ケーキ屋をオープンした時から猫を主体として営業していたわけではありません。猫をメインとしたケーキ屋さんを目指していたご夫婦はオープン時には2種類だけでした。しかし、今では2年の間に種類を増やしていき、現在では常時10種類以上の猫のケーキが並んでいます。

 

パティスリーミネットのお菓子

お菓子は外注などでは全くなく、全てご夫婦2人の手作りです。そのため、そのケーキ1つ1つ表情が微妙に違い、1つ1つ楽しむことができるかもしれません。ずらっと並んだケーキは可愛さだけでなく、優しさを手作りのケーキながら感じられると思います。

 

ご主人は他の洋菓子店で働いたあと、リビエリールというお店を引き継ぎ、独立します。ニャンコケーキは大人だけでなく子供でも楽しんでもらえるよう、お酒などを入れることは控え価格を抑えるようにしているとのこと。

たくさん作って儲けたい精神よりも、自分自身の手で作りたいという精神だということです。とても素晴らしい考えのご夫婦ですよね。

 

現在猫をモチーフとしたお菓子は生ケーキ、クッキー、ドーナツの3種類で、今年の夏にはさらに増やす予定だということ。また、メニューだけでなくお店自体のリニューアルも検討中ということなので、また更にグレードアップした猫を見ることができるかもしれませんね。

 

 

以上が猫をモチーフとしたケーキ屋さんの紹介でした。いかがだったでしょうか。いきたくなったでしょうか。是非現地に行ってみて沢山の猫を体験してみてはどうでしょうか。最後まで読んでいただきありがとうございました。

-生活情報
-, ,

© 2022 情報Cafe Powered by AFFINGER5