ニュース

現代自動車が日本に再参入!でもそれが電動車のみである背景

 

 

 

韓国の自動車メーカーであるヒョンデモーター別名現代自動車が12年ぶりに日本市場に参入するのを発表したことについて記事にして行きます。ヒョンデモーターとはどんな自動車メーカーなのか、なぜ日本で電動車のみの販売をするのかなどためになることを含んでいますので是非最後までお読みください。ヒョンデモーターが再参入することで日本の自動車市場が大きく変わる可能性があります。そんな変化をいち早く気づくためにヒョンデモーターがどんなメーカーなのか知る必要があります。是非読んで詳しくなってみてください。では早速ヒョンデモーターの特徴を紹介して行きます。

 

現代自動車とは

12年ぶりに日本市場に参入することを発表したヒョンデモーターですが、どんな企業なのでしょうか。①設立年数や代表者②企業規模③その歴史の3つに分けて紹介して行きます。

 

ヒョンデモーターは別名現代自動車とも言います。通称ヒョンデと呼ばれることが多いです。そのヒョンデは韓国に1967年12月29日に設立されます。代表者は鄭夢九という方で意外にも日本と縁があり、京都府出身です。ヒョンデは日本に縁がある代表が経営していて、50年ほど前に設立されているので歴史はある企業ですよね。

 

その企業規模は日本の自動車メーカーと比較するとホンダと同規模です。世界販売台数はヒョンデ単独2017年の時点で年間450万台です。また、グループでは817万台と世界第5位の自動車グループです。年間160万台生産しており、全世界で7,5万人を雇用、6000ほどの販売店を稼働させています。

 

ヒュンデの歴史は創立以来50年ほど続いています。ヒョンデは1967年い現代財閥の鄭周永によって創立されます。創立してから一年後に英国のフォードという自動車メーカーに技術供与を受け、ノックダウン生産(自動車本体で輸出するのではなく、部品を輸出して輸出先で部品を組み立てて自動車を販売すること)を開始します。

 

電動車で日本参入?

販売当初は価格は安いが質が悪いという評価でした。しかし、その後の改善により価格は安いながら品質向上します。2000年に日本法人を設立し日本市場へ参入します。FIFAW杯のスポンサーになるなど認知度を上げていき、売り上げも上げて行きます。以上がヒョンデの簡単な歴史です。

 

2010年ぶりの日本市場再参入するヒョンデですが、電気自動車と燃料電池車の電動車両のみでオンライン販売をするとのことです。デザインは独創的なビジュアルとしてパラメトリックピクセル。独創的なビジュアルを表現したとのことです。このパラメトリックピクセルはヘッドランプ、テールランプ、ホイールや内装に使用されているため、全体的に先進的なイメージのあるデザインになっています。

 

まとめ

以上がヒュンデの歴史と最近の動向を紹介して行きました。いかがだったでしょうか。電動車のみの販売ですが、デザイン性もよくオンライン販売ということで日本の電動車業界に新しい風を吹かせるのではないでしょうか。最後までお読みいただきありがとうございました。

-ニュース
-, ,

© 2022 情報Cafe Powered by AFFINGER5