ニュース

ガソリン価格いつまで上がる?補助金の仕組みとともに探る

 

 

今回は今話題のガソリンの値段高騰について記事にして行きたいと思います。この記事を読むことでガソリンの価格がいつまで上がるのか、その値段はいくらなのか、補助金の仕組みはどんなものなのかわかります。社会人の方や大学生の方は車を運転する人が多いと思います。そんな社会人や大学生の方に密接に関係する話題なので是非この記事を最後まで読んでガソリンの値段高騰について詳しくなってみてはいかがでしょうか。では早速ガソリン価格がいつまで上がるのか紹介して行きます。

 

ガソリン価格が高騰した今なぜガソリン価格が高騰したのか原因を知ることが重要になってきます。その原因は原油の生産量や輸出入量の低下などが挙げられます。日本は石油を多く取ることが出来ないため石油に関しては輸入に頼っています。そのため、輸入先の国が原油の生産量が減ってしまうとその分日本に輸入する石油が減ってしまうのです。そうすると自然と国内での石油価格が上がってしまいます。輸出入量の低下も同じようなイメージで大丈夫です。このガソリン価格高騰に政府は石油販売会社に値段を引き下げるよう促し、補助政策を正式に決めました。その補助政策の内容は、レギュラーガソリンの小売価格が170円を超えたら超えた分の金額を補助するということです。

 

しかし、補助金政策にも上限があり、1Lあたり補助金は5円が上限ということです。また、毎月販売価格の見直しを行い、補助金額が下げられる可能性もあります。また、この補助金制度は2021年の12月~2022年の3月までの4ヶ月限定です。レギュラーガソリンのみの対策のため、ハイオクガソリン、軽油には補助金が出されません。そのため、ハイオクガソリン、軽油の価格が高騰していても値段が引き下げられる可能性は低いと考えられます。

 

この補助金制度はガソリンスタンドに対しての施策ではなく、元売りや商社への施策なので、私たち購入する側が値段が下がるのに実感するには多少時間が要します。
また、ガソリンスタンドなどの小売店によって値下げをするかどうかはわかりません。なので場所によって値下げをされているか、されていないか差があるというのです。
次にこの補助金制度によりいくらぐらい値下げを期待できるのか予想して行きます。

 

前提として考えていただくことは地域やガソリンスタンドによって価格に幅が少なからずあるということです。同じ地域や同じガソリンスタンド会社でも値段が違うことはよくあることです。この補助金制度による補助金を貰える条件はレギュラーガソリンが1L当たり170円を超えた時なので、160円台で販売されている際には何も変化はありません。

 

では、170円台で補助金を受けた時にいくらぐらいまで値下げされるのか、ズバリ160円台だと考えられています。この補助金制度によって大幅な値下げは期待できないと考えられています。
今現在ガソリンをエンジンとして使う車が大半を占めますが、このガソリン価格高騰の影響も尚受けない車があります。それは電気自動車です。日産自動車と三菱自動車から2022年に軽自動車の電気自動車を発売されます。電気自動車の価格によって変化しますが、電気自動車の電気代はガソリン代よりも格安です。
ガソリン価格高騰、地球温暖化などによって電気自動車派の人も大幅に増えていくのではないでしょうか。

 

まとめ

以上がガソリン価格高騰についての説明でした。先ほど言ったようにガソリン離れが進み、電気自動車の時代が来るのも電気自動車自体の価格と時間の問題ではないでしょうか。先駆者として電気自動車を試してみてもいいのではないでしょうか。いかがだったでしょうか。ガソリンに対しての考え方に変化があったでしょうか。最後までお読みいただきありがとうございました。

-ニュース
-, ,

© 2022 情報Cafe Powered by AFFINGER5