ニュース

ジブリパークはアトラクションがなくしょぼい?入場料や場所の詳細も

 

 

今回は今年2022年の11月にオープンされるジブリパークについて入場料やアトラクションの種類、場所など詳細を紹介していきます。ジブリといえば日本を代表する映画ですよね。

一度も見たことがないという人はいないのではないでしょうか。そんなジブリがアトラクションなどを保有してジブリパークをオープンしました。

ジブリファンはもちろん、ジブリファンでない方でもジブリパークについて興味が湧くような内容の記事になっていますのでぜひ最後までお読みください。では早速場所から説明していきます。

 

ジブリパークとは?入場料など

テーマパークであるジブリパークは愛知県の長久手市の愛・地球博記念公園内に2022年11月にオープンします。愛知県とスタジオジブリが共同で行っている事業です。今回施設の概要や建設現場なども発表されました。

広さは7ヘクタールで、施設の企画責任者を務めたのは映画監督の宮崎吾郎さんです。ジブリパークは全部で5つエリアがあり、『青春の丘』、『ジブリの大倉庫』、『どんどこ森』の3エリアを先にオープンするとのこと。

他の2エリアは『もののけの里』や『魔女の谷』で、23年秋にオープンの予定だということです。

 

ジブリパークは愛知県が公園事業とし約340億円をかけて整備しました。運営会社はスタジオジブリと中日新聞社の2つの会社です。
スタジオジブリ側の代表取締役プロデューサーは『ジブリ美術館の精神が生きていて、その発展形になっている、期待をしてください』とのことです。

完成度の高いテーマパークが期待できるのではないでしょうか。

そんなジブリパークですが、日時指定の完全予約制で、入場料は未定とのこと。入場料は一般のテーマパークより安価だと予想されています。およそ4000円くらいと考えるのが妥当でしょう。

 

施設の概要

あと、2つのエリアの建築現場が公開されました。『青春の丘』エリアには映画『耳を澄ませば』に登場する『地球屋』や『ロータリー広場』を緻密に表現されています。それだけでなく、映画『猫の恩返し』の『猫の事務所』のミニチュアも建設中とのこと。

それに加え、エレベーターを映画『天空の城ラピュタ』や『ハウルの動く城』を彷彿とさせる外見、内見になっています。

公開されたエリアの2つ目が『ジブリの大倉庫』です。ジブリの大倉庫はどんなものなのか。映画公開当時のポスターやグッズ、オブジェなどを保管や展示しているものです。

そんなジブリの大倉庫ですが、元々温水プールだったところを改装したものです。『三鷹の森ジブリ美術館』の約4倍の広さがあります。ジブリの大倉庫には複数の映画コンセプトが詰まっていて、どんなキャラクターがいるのか巡るのもまた一つの楽しみ方です。

今回公開されなかった、『どんどこの森』は愛知県万博の際に設置されたトトロ『さつきとメイの家』の近くに、昭和の風景が広がっているとのこと。東京などの過密した都会では見れない、豊かな自然もジブリパークの楽しみ方かもしれません。

 

経緯

ではなぜ愛知県とスタジオジブリが共同でジブリパークを作ることになったのかそれは以前の愛知万博にあります。
以前の愛知万博では『サツキとメイの家』を設置することになりました。その時から愛知県とスタジオジブリの関係は始まります。

2015年には万博の10周年記念として、『ジブリの大万博会』を愛・地球博記念公園で開催します。

愛知県側による何度にも渡るアプローチの結果今回のジブリパークの建設につながったとのことです。
その建設に伴い、愛知県はスタジオジブリにジブリパークのある愛知県と魅力をPRする動画を制作しました。

 

そんな愛知県は来園者数を初年度年間100万人、2年度年間180万人と予想しているとのこと。国内だけでなく海外からの来園者を期待しているとのことです。

ジブリパークはアトラクションをほとんど保有せず、スタジオジブリの世界観を主体として作られています。そのため、ジブリファンからの来園が主体と考えられています。

 

ポイント

がジブリパークの説明でした。いかがだったでしょうか。ジブリファンのみならず、みなさん、ぜひ行ってみてはいかがでしょうか。

 

ジブリパーク関連で最多再生数の動画

-ニュース
-, ,

© 2022 情報Cafe Powered by AFFINGER5