ニュース

ふるさと納税するなら絶対に知っておくべきお得な方法

 

 

今回はふるさと納税に関する記事になります。ふるさと納税と聞けば、市町村に納税することでお礼としてその市町村の特産品がもらえたり、納税の額が少なくなったりなどお得なイメージがありますよね。実際に私の知人で神戸にふるさと納税をして、神戸牛を返礼品として受け取っていた人がいました。ふるさと納税することで納税の額が減ったり、美味しい食べ物やその地域の特産品がもらえたりなどいいことばかりな気がしますよね。そんな人気のふるさと納税が自販機でできるようになったとのことです。

 

それはどういう意味なのでしょうか、説明していきます。今回はふるさと納税ができる自販機、ふるさと納税の仕組み、人気の市町村を紹介していきます。では早速ふるさと納税できる自販機に関して紹介していきます。

 

ふるさと納税ができる自販機とは一体どんなものなのでしょうか。旅先で手軽にふるさと納税ができる自販機、その自販機のパネルを操作することで簡単に手続きが完了し、ふるさと納税をしたことになります。その自販機から商品券などの返礼品が出てくるなど利便性に特化された自販機になります。以前までのふるさと納税は手続きをしてから、数週間後に返礼品が届くなど時間がかかるのがネックでした。しかし、この自販機はその悩みを解消してくれます。1年前ほどに実装され、栃木県や山梨県などの計7市町村に導入されています。全国で7市町村と少ない気がしますが、これから全国的に実装される気がします。

この自販機は神奈川県藤沢市のIT企業によって開発されました。

次にふるさと納税の仕組みを紹介します。

 

まず、ふるさと納税とは何か、納税という言葉がついているため税金のような気もしますが実際は市町村への寄附です。自治体に寄附をした場合、確定申告をすると、寄附金額の一部が所得税や住民税から引かれるため、ふるさと納税の寄附金額全部が自己負担というわけではないのです。

どんな制度なのか、先ほど言ったようふるさと納税は自分の好きな市町村に寄附ができる制度です。寄附金によって地域の特産品など返礼品がもらえます。市町村はふるさと納税を多くの人にしてもらうことで、地域が活性化し、課題解決、歳入増加につながるのです。そのお礼として返礼品が貰えます。

ふるさと納税をするメリットは、返礼品がもらえる・税金が控除される・寄附金の使い道を指定できるの3つです。

次にふるさと納税で人気な市町村を紹介します。

人気な市町村3選紹介します。

①宮崎県 都城市 返礼品 宮崎牛や都城産豚『高城の里』

②北海道 紋別市 返礼品 ホタテやズワイガニ、いくら

③北海道 根室市 返礼品 ウニやホタテ、花咲蟹、いくら

の3市町村が人気です。①の都城市は寄附金額が130億円を超えるなど、多くの人からふるさと納税されています。やはり、返礼品としてお肉や海鮮などが人気なのですね。是非ふるさと納税の市町村選びに悩んでいる人は参考にしてください。

 

以上、ふるさと納税できる自販機・人気の市町村・ふるさと納税の仕組みを紹介していきました。いかがだったでしょうか。ふるさと納税のいいところもたくさん見つけられたのではないでしょうか。

是非参考にしてみてください。

-ニュース
-

© 2022 情報Cafe Powered by AFFINGER5