生活情報

プロも絶賛!お取り寄せ餃子の人気ベスト3はこれ

 

 

今回はお取り寄せ餃子についての記事になります。皆さんは餃子をお取り寄せしたことはあるでしょうか?お取り寄せとはネットショップで食品を注文して配送することで浸透していますが、本当の意味はメーカーや倉庫から商品をお店に取り寄せることを言います。今回のお取り寄せ餃子は前者のネットショッピングで注文するものです。今回はプロがおすすめするお取り寄せ餃子3選を紹介しつつ、日本3大餃子を紹介していきます。餃子好きの方は勿論、そうでない方でも楽しめる内容になっていますので是非最後までお読みください。チェーン店で食べる餃子とお取り寄せ餃子はわけが違います。是非今回の記事を参考に試してみてください。では、早速日本3大餃子から紹介していきます。

 

本来中国で作られていた餃子ですが、現在日本でも当たり前のように食べられています。餃子といえば、みりんやラー油、醤油で食べるのが主流ですよね。当たり前に食べている餃子ですが、今食べている餃子より美味しい餃子があるとしたら気になりませんか。日本3大餃子を紹介します。

日本3大餃子は、栃木県の宇都宮餃子、静岡県の浜松餃子、福岡県の八幡餃子です。

栃木県の宇都宮餃子は知っている人も多いのではないでしょうか。実際宇都宮市と浜松市は、総務省の資料によると餃子の購入額が一番多い地域だと言います。対して八幡餃子で有名の北九州市は全国42位と多いようには感じられません。ではなぜ日本3大餃子の1つとして呼ばれているのか、それには歴史が関係しています。明治時代から中国との交流があり、八幡製鉄所の労働者が餃子を好んでいたという歴史があります。では、この3つの餃子がどんな特徴なのか紹介していきます。

 

 

人気ベスト3

 

①宇都宮餃子

栃木県にある宇都宮餃子ですが、野菜の甘みが強い気がします。僕の実家が栃木県ということもあり、実家に帰る度に宇都宮餃子を食べますが、辛さなどはほとんどなく、野菜本来の甘みが引き立っています。実際宇都宮餃子は白菜やキャベツなどの野菜中心で作られています。お肉の量も少なめと野菜を引き立てるために調整されています。

 

②浜松餃子

静岡県にある浜松餃子ですが、キャベツが豊富に使われていて、玉ねぎによる甘みが特徴的です。餃子の中に豚肉が入っており、キャベツや玉ねぎと相性良く、味に深みがあります。円形に焼いた餃子の中央に茹でもやしを添えるスタイルも浜松餃子の特徴です。

 

③八幡餃子

八幡餃子には4種類あります。①鉄鍋系②中国本土系③ラーメン店系④お母さん系、④のお母さん系は野菜を中心として作られた優しめな餃子です。②は文字通り中国本場の味です。①は一般的な味で③はラーメン店でよく口にする味です。

以上が日本3大餃子でした。

 

次におすすめの餃子3選紹介していきます。

是非今回紹介するお取り寄せ餃子を参考にして注文してみてください。では早速紹介していきます。

 

北海道の『天のびろく』です。

12個で880円と家庭で食べる餃子と比べると高い気がしますが、お取り寄せの中で言うと高くはありません。この『天のびろく』は具のジューシーさが強く、皮が美味しいです。野菜もふんだんに使われ、北海道産の豚肉も使われています。ふるさと納税の返礼品になるほど人気を誇っています。

 

東京都の『PAIRON』です。

餃子なのに名前が英語となった方も多いでしょう。PAIRONは白龍10ケ、青龍10ケの計20個で2310円と高級です。白い餃子の白龍(パイロンと言います。)はシナモンを加えられるなど特徴的な味、緑色の餃子の青龍(チンロンと言います。)はニラがたっぷり入っています。青龍・白龍共にモチモチの皮で肉汁が溢れてきます。

 

岩手県の『しんいちろう』です。

24個入りで864円と家庭で食べる餃子と値段は変わらない気がします。小松菜や長ネギ、やまと豚を加えられているため、甘味が豊富ですが、岩手町特産の粘り芋も含まれており、シャキシャキした食感が特徴的です。

以上がお勧めの取り寄せ餃子3選でした。

 

<まとめ>以上お取り寄せ餃子3選、日本3大餃子を紹介していきました。いかがだったでしょうか。お取り寄せしたいという気になったでしょうか。是非この記事を参考にしてください。最後までお読みいただきありがとうございました。

-生活情報
-, ,

© 2022 情報Cafe Powered by AFFINGER5