生活情報

これはダメ!転職先で嫌われないための3つのコツ

 

 

春先ということもあり、転職や新規採用の方が多くなる季節ですよね。そんな季節に知っておきたい人間関係のコツを紹介します。今回は転職先で嫌われないコツを紹介します。皆さんは転職を経験したことはあるのでしょうか。僕はまだありません。転職先で友人を作れていない、転職先と馴染めてないなど転職をするときの悩みの1つが人間関係ですよね。そんな人間関係の悩みを払拭するコツを紹介するので、転職する方は勿論、転職しない方でも後々の参考にするために最後までお読みください。

転職先で嫌われない3つのコツと嫌われる行動パターンを紹介します。では早速嫌われない3つのコツから紹介していきます。

 

転職先で人間関係を上手く築くためには嫌われないコツと逆に嫌われる行動パターンを理解して反面教師にすることが重要になります。

先に前者の嫌われないコツを紹介します。

 

①相手の状況を理解して仕事を頼む

相手の状況を理解せずに、仕事を頼むことは社会人として、人として非常識です。例えば相手が電話や資料を作るのに集中しているとして、その最中に仕事を頼むのは相手からすれば不愉快な気持ちになるだけですよね。営業や仕事の頼み方など進め方を上司から学ぶ時には、上司が手の空いているかどうか判断しながら聞くのが得策です。自分の都合ばかりでお願いすると、相手からは自己中心的な人間だなという印象を与えてしまいます。相手の仕事の状況や行動の状況を細かく些細なことまで注目することがコツの1つです。

 

②素直に話を聞く

素直に話を聞くことは相手に真摯な態度を示していることになります。真剣に話を聞くことで、仕事の説明がしやすくなるなど相手からすれば気持ちがいいです。しっかり話を聞きつつ、メモを取りながら、アドバイスを受けた時には、誰に対してもお礼をいうことが重要です。

上司や周りの社員からアドバイスをもらった時には、反論をしすぎず素直に受け止めて、自分の仕事に生かすことがコツです。人から受けた話を真剣に聞き、お礼を言い、自分の仕事を生かすことで相手に真摯な態度だなという印象を与えることができます。

 

③仕事を覚えるのが早い

仕事が早いと自発的に学ぶ姿勢があるのだなという印象を与えられます。どうしても仕事が遅い人に対しては嫌悪感を抱く人がいます。自分がやった方が早いけど手が空いてなく他の人に任せたいという場合、仕事が遅い人と早い人だと任せるときの安心感が桁違いですよね。仕事ができる、できない関係なく周りに声をかけ、積極的に協力する姿も好印象を与えます。転職先ではやったことない初めての仕事があると思いますが、できないと即答せず自分のできる1番の仕事をするようにしましょう。

仕事が早いと優秀だなという印象を与えるだけでなく、安心して仕事を任せることができるのです。

以上の3つが嫌われないコツです。

 

次に嫌われる行動パターンを紹介します。

①自分流で仕事をする人

相手のアドバイスに全て反論し、マニュアル通りに仕事をしない、自己流で仕事をする人は嫌われます。転職をした際に前職のやり方で仕事をするとその会社との相性が合わないことがあります。自己流でなく、他の人のアドバイスを受け入れることが重要です。

 

②前職の自慢話をする

これは転職先に限らず、人間関係で自慢をする人は嫌われます。自分の能力を誇示するために自慢をしたいという気持ちはわかりますが、謙虚で能力が高い人はとても尊敬されます。能力が高いのに自慢をしないだけで好印象になります。対して能力が高いけど自慢をしている人は尊敬されません。なので、能力が高くとも謙虚になるようにしましょう。

以上の2つが嫌われる行動パターンです。

 

以上嫌われないコツ3つと嫌われる行動パターンを紹介していきました。いかがだったでしょうか。是非この記事を参考にしてみてください。最後までお読みいただきありがとうございます。

-生活情報
-, ,

© 2022 情報Cafe Powered by AFFINGER5