生活情報

SNSでこれはNG!守らないといけないマナーとは

 

 

今回はSNSについての記事になります。SNSでの必要なマナーとは何か、Facebook、Twitter、LINE、Instagramの4つのSNS媒体に分けてマナーを紹介していきます。SNSだとどうしても匿名なのでなんでも言っていいや、書き込んでいいや、何をしてもいいやなどと言う考えの人は多くいますよね。現実世界でないからと言ってマナーが存在しないわけがありません。SNS上で行動を取るのには現実世界と同じでSNS上のマナーを理解することが重要です。では早速Facebookのマナーから紹介していきます。

 

今回はSNSの各媒体に分けてマナーを紹介していきます。先じてFacebookのマナーから紹介します。

 

①Facebookのマナー

1.友達リクエストは慎重にすること

Facebookは実名で登録する人が多く利用するので、現実世界での友達や会社の知人などを相手に交流しますよね。友人とコミュニケーションを取る他に同じ会社であまり仲を深めていない人など関係を築けていない人と友達になれるメリットもありますよね。しかし、友達になりたいという気持ちが先行して、大して中の良くない人に友達リクエストを送ると失礼な行動に当たります。Facebookで友達リクエストする前にメッセージで友達申請をしてもいいですかという断りをもらうのが礼儀になります。この断りをもらうことがFacebookのマナーの1つと言えます。この1言がその後の関係性にも影響します。

2.友達のタグ付けや他人の写真公開を勝手にすること

この行動はSNS上のマナーというよりも、人としてのマナーに近い気がします。何の断りもなく自分の顔を公開されたり、タグ付けされたりしたらいい気はしないですよね。勝手なタグ付けや写真公開は控えるようにしましょう。

 

②Instagramのマナー

1.Instagramの位置情報に気を配る

スマホで撮影した写真には位置情報がわかる情報がついています。この情報を隠さずに公開してしまうと、自宅や会社などの場所が特定されています。自分の居場所が他人に特定されないよう設定を念入りにすることが重要です。

 

2.LINEのマナー

LINEは多くの方に日常的に利用されるので、マナーを知っている人も多いのではないでしょうか。

1.ラインを送る時間帯・送信頻度に気をつける

LINEの通知は音を鳴らす人が多いため、送る時間帯によっては迷惑になることもあります。早朝や深夜帯にLINEを送ると睡眠の邪魔になることがあります。送信時間には気をつけることが重要ですね。

公式のアカウントで送信頻度が高いと友達登録から外される可能性があります。

 

④Twitterのマナー

1.個人情報の公開やプライバシーを侵害する情報には気をつける

匿名で呟くことができるTwitterは、名も顔も知らない人と簡単にコミュニケーションをとれますよね。このメリットの反面危ない面もあります。匿名なので書き手の歯止めが効かない場合があります。自由さを感じて、基本的なルール・マナーを守らない人を多く見ます。場合によっては警察沙汰になることも。簡単にコミュニケーションが取れる反面、自分を自分でコントロールしなくちゃいけません。

以上の4つのSNS媒体を紹介していきました。参考になったでしょうか。

 

以上4つのSNS媒体のマナーを紹介していきました。SNSは匿名だから自由だと考え歯止めが効かない人を多く見てきました。その多くの人がマナーやルールを十分に理解していないユーザーです。警察沙汰になることも多くあります。便利なSNSを利用するには、マナー・ルールを十分に理解して利用することが重要です。

-生活情報
-, ,

© 2022 情報Cafe Powered by AFFINGER5