ニュース

マイナンバーカードを保険証代わりにするのは大丈夫?

2021年10月20日から、マイナンバーカードの健康保険が使える事がスタートしました。

マイナンバーカードを健康保険証として使うと、もっと良い医療が受けられるなど、多くのメリットがあります。マイナンバーカードを健康保険証として使うには使う事が出来るように申し込みが必要ですが、政府が働かせるオンラインサービスやセブン銀行ATM、医療機関・薬局の顔認証付き機器と接続することでSDカードやmicroSDカードなどを読み書きできるようになる機械で簡単に申し込みが出来ます。

 

主なメリット

・本人意見のもと、初めての医療機関でも薬剤情報などを同じ目的で持つ事が出来るため、とても良い医療が出来るようになります。

・限度額適用認定証がなくても、高額療養費制度における限度の額を超える支払が免除されます。

※自治体自分一人の医療費助成などについては、書類の持ってくる事が必要です。

 

・機器と接続することでSDカードやmicroSDカードなどを読み書きできるようになる機械で顔写真を確認すれば、スムーズなめらかに医療保険の資格の確認ができて、病院や薬局の受け付けの事務処理の効率化が期待できます。

・医療保険の請求間違いなどが減って少なくすることから、医療保険者などの事務処理費用が削って減らす事でき、ずっと続けている決まりなどを働かせてつながる可能性です。

・就職や職業が変わって引越をしても、マイナンバーカードを健康保険被保険者証としてずっと使うことができます。

※医療保険者が変わる場合は、付け加えて届けが引き続き必要です。

 

マイナンバーカードを健康保険証として使うデメリット

 

マイナポータル、セブン銀行ATM、顔認証付き機器と接続することでSDカードやmicroSDカードなどを読み書きできるようになる機械を導き入れ済みの医療機関・薬局での申し込みが出来ます。メリット・デメリットがあります。また、マイナンバーカードを健康保険証として使うと、場合によっては、個人情報が他の人に知られる危険があります。

 

(1)対応している医療機械が少ない

2021年10月20日時点で、対応している病院や薬局は、全体のうち7.9%なのです。

せっかく、マイナンバーカードを持っていても、まだ、ほとんどの病院や薬局で使う事が出来ません。しばらくは、保険証を使っていく必要があります。そうなると、健康保険料とマイナンバーカードの2枚を持たないといけないのです。

 

(2)個人情報が外にでる

一番の心配事として、個人情報が他の人に分かる事です。個人情報が他の人に分からないようにする対策として、医療機関や薬局は、「12桁のマイナンバー」を使いません。

医療機関・薬局が使うのは、マイナンバーカードのICチップに保存されている、信頼できる第三者が間違いなく本人であることを証明するもので、文章を取り引きにおける印鑑証明書に代わるもののデータだけです。

 

マイナンバーカードの裏面には「12桁のマイナンバー」が明示されています。病院の受付の職員などが、利用者の「12桁のマイナンバー」を覚える事は出来るのです。マイナンバー「だけ」を知っている状態では、何も手続きもすることは出来ないので、悪い事に使われる可能性は低いです。

 

(3)マイナンバーカードがなくなった時

さらに問題なのは、マイナンバーカードを無くした時です。

今のところ、マイナンバーカードに医療情報は入っていません。インターネットなどのやり取りとコンピュータとを自由に使う情報技術に詳しい悪い気持ちのある人が、他人のマイナンバーカードを手にいれて、マイクロチップにとっているデータを解いて、読めるようにできたとしても、診察を受けた年や薬剤情報などが漏れることはありません。

 

マイナンバーカードの数字4桁の暗証番号が他人に分かってしまうと、そのカードでマイナポータルに記録の中に入って、医療情報だけでなく、税金を納める事や収入の情報などを調べながら読む事が出来てしまいます。

マイナンバーカードの4桁の暗証番号を知っていますと、コンビニで住民票や印鑑登録証明書を手に入れる事が出来ます。4桁の暗証番号は3回間違えるとカードを使う事が出来なくなりますが、誕生日な生年月日の番号をつけると、万が一、コンピューターを使う事が出来る状態にされてしまう事もあります。

 

マイナンバーカードを無くした時は、下の電話番号に連絡すれば、24時間365日、カードの利用をしばらくの間だけ停止できます。

 

マイナンバー総合フリーダイヤルTEL:0210-95-0178

平日9時30分~20時、土日祝日9時30分~17時30分

 

健康保険証がなくなる可能性も!

2020年11月16日のニュースによれば、政府は将来的に健康保険証を世の中に出すことが止まる事をよく調べて考えてしていることが明らかになりました。マイナンバーカードだけを世に出す事を良く調べて考えているようです。

 

現在の状態、国民の2割程度しかマイナンバーカードを持っていないその時を大きく良くできる可能性もあります。マイナンバーカードは自分自身で申請して受け取りに行く必要がありますので、申請方法がわからないなどの理由でいろいろなものが入りまじって、整理がつかなくなる可能性もあります。

 

まとめ

インターネットなどのやり取りとコンピュータを自由に使う情報技術に慣れていない人や高齢者が、保険証がなく病院に行けないという事態になることも考えて、そのような人に対する十分に始めたことや習ったことを強くして確認するために、ある程度時間がたってから、もう一度行うことが求められます。

マイナンバーカードを無くしたら、すぐに使う事ができないようにする連絡をする事です。

-ニュース
-, ,

© 2022 情報Cafe Powered by AFFINGER5