ニュース

スーパーの野菜が安い理由は?特に安い野菜とは?

 

 

スーパーの野菜が安いと感じることが増えている人は多いようです。
台風や大雪、水が足りないなどによって農作物をとりいれる量が大きく変わる野菜!
野菜の季節は比べて安すく手に入るイメージがありますが、野菜が成長する状況によっては高くなります。
スーパーの野菜が安い理由や特に安い野菜などをインターネットで調べました。

 

■12月の野菜を育てる場所

令和3年度12月は、だいこん・にんじん・はくさい・キャベツ・ほうれんそう・ねぎ・レタスがお買い得に買える予想です。
だいこん・にんじんともに育てるのは良いです。一部の物品を産出する土地で天候が良かったことから、だいこんは育てるが前へ進んでいます。

はくさい・ほうれんそう・ねぎも育てるが良いです。キャベツは一部の品物が生活に必要な物を作り出される土地において育てるが前へ進む感じです。
レタスは一部の品物が生活に必要な物を作り出される土地で冷え込みの影響を受け育てているがゆっくりして順調に育っています。

きゅうり・なす・トマト・ピーマンは、順調に育っています。

 

■お買い得な野菜は?

だいこん

令和3年12月に東京都中央卸売市場で取り扱うだいこんのうち、56%が千葉県産、35%が神奈川県産です。

品物を作り出される土地で育てるのは順調なので、物がたくさん積みだし期待されます。

12月期間普通の年より安く買う事できそうです。

 

大根を使ったおすすめ料理

大根もち

大根・ベーコン、小ねぎ(あれば)、片栗粉、鶏ガラスープの素、ごま油、ポン酢 料理時間:10分

お家にある材料で簡単に作れる、落ち着くおいしさの大根もち!食べたい時にすぐ作れるので、冬休み中のおやつや軽い食事にとてもいいです。

 

人参

令和3年12月に東京都中央卸売市場で扱う人参のうち、84%が千葉県産です。
野菜が成長して大きくなる事は良いので、うるおいな品物を市場に出される事が見込まれます。
12ケ月を通して商品を市場に出す数の量が多くなり、安く買う事ができます。

 

・にんじんを使ったおすすめ料理

型抜き後の人参を使うレシピ「残り野菜のポトフ」

 

こちらのレシピでは型抜き後の野菜はもちろん、包丁や皮むき器ででた野菜くずも無駄なく使います!
野菜を育てる時に農薬を使わない・オーガニックで作られた野菜であれば、皮も美味しい出し汁になります。
お肉や、ソーセージと一緒に煮込んで栄養があるスープを味わって下さい。

 

材料(2人分)

 人参の切れ端 一握り程度 / じゃがいも 3個 / セロリ(または玉ねぎ) 1/2本 / ほうれん草 ちょうど良い量 / 塩 少々 / 豚肩ロース 300g / ローリエ 1枚 / 水 ちょうど良い量 / オリーブオイル ちょうど良い量

 

作り方

 豚肉は、食べやすい大きさに切って、塩を振っておく。鍋に、オリーブオイルを引き、水分をふき取った豚肉の表面をちょうどよい程度に焼く。一旦火を止める。

  • 野菜類を一口大に切る。人参・じゃがいも・セロリ・ローリエは、1の鍋に入れて、水を少し出るくらいに入れ中火にかける。
  • 沸騰したら弱火に落とし、10分程度煮込んだら、野菜に火が通ったか、菜箸など刺して確かめる。
  • ちょうど良い量の水を入れる。一煮立ちしたら、ほうれん草を入れて、塩で味を調え、出来上がり。

 

※仕上げに、あらびき胡椒や、オリーブオイルをかけても美味しいです。

晴れの日でなくても、普段のごはんに飾り切りの野菜が入っているだけでとても美味しく見えます。簡単に取り入れられるものもあるのでぜひ試してみてください。

 

■特に安いのは「葉物」

農林水産省のデータによると、調査している秋と冬の必要を入れてキャベツ、ねぎ、レタス、たまねぎ、トマト、にんじん、はくさい、だいこん8品目の値段はなんと全て平年比でよくないです。

レタス、キャベツ、白菜はだいたい半額になっています。平均すると平年の7割程度まで値段が抑えられていました!
生産局園芸作物課の担当者の情報から、特に安くなっている野菜はレタス、キャベツなどの葉物類です。
だいこんもとても安くなっているのです。きゅうりもとても安くなっていましたが、現在は例年通りに少しずつ戻ってくるのです。

 

値段が大きく下がっていないのは玉ねぎやじゃがいもなど。普段からためていることもあり、必要に合わせて物を与えて調整していることで値段が安定している理由なのです。
値段が逆に高く上がっている野菜は「ない」とのことで、どれをとっても普通と同じかそれよりも安く買う事ができるそうです。

いちばん大きな影響は今の季節の天気の状態の様子により作物が良く摂れる事だった事でした。
今年は台風の陸に上がる事がほとんどなく、植え付けた苗が流されるなどの被害もなかったことが最も大きな理由なのです。

 

 

まとめ

10月に入ってから少しずつ値段が下がってきているようですので、天気が落ち着けば値段も普通になるのです。
農家の人が農業協同組合売っているので収穫量によっては安く買える事もあります。
野菜を作っている人がわかるので、新鮮で安全な採れたて野菜が帰ることが人の気持を引きつけて夢中にさせる力です。

-ニュース
-, ,

© 2022 情報Cafe Powered by AFFINGER5