ニュース

5000円支給の該当者は?『うちの祖父母は?』をチェックする

 

 

今回は高齢者が対象とされている5000円支給に関する記事になります。今回が初めてではない現金支給ですが、現金支給はどんな効果があるのか、今までの現金支給の歴史、今回の現金支給の対象者や条件など詳細、などなど現金支給に関することもろもろを紹介していきます。

 

現金支給に興味のある方は是非最後までお読みください。コロナ禍によって生活が厳しくなった人向けに現金が支給されたり、マスクが支給されたりしますが皆さんはどのように考えますでしょうか。

中にはマスク支給は意味がない、現金支給の金額が足りない、医療従事者向けの支給をあげて欲しいなど色々な考えを持っている方がいます。

是非皆さんも5000円支給の内容を知るだけでなく自分の考えも発信してくれたらなと思います。それでは早速5000円支給の詳細を紹介していきます。

 

5000円支給の詳細

まず、事の発端は3月16日に政府が臨時特別給付金を設ける方針であると発表したことにあります。政府は新型コロナの影響、コロナ禍によって受給額が減ってしまっている年金生活者を対象として、1人5000円の給付金を配ると発表しました。

対象者は全国で2600万人です。支給額は1人5000円と総予算は1300億円になると言われています。

2020年度時点での老齢基礎年金の平均受給額(国民年金の加入者であった者の老後の保障として給付される年金のこと。65歳になった時から支給され、受け取る資格がある者は亡くなるまで受け取る子ができる。)月額56000円、老齢厚生年金(厚生年金保険の加入者であった者の老後の保障として、65歳になった時に支給される。)月額150000円です。

などなど、今回の5000円支給は対象者が全国2600万人の高齢者、年金生活者ということです。受け取る資格は年金生活者だと言います。この500

5000円支給により、コロナの影響によって賃金が低下したものを払拭すると言います。果たして5000円のみでコロナ禍による影響を払拭できるのでしょうか。少し思うこともあります。しかし、額が少ないからといって、5000円支給は助かりますよね。皆さんの祖父母も対象者だと思いますので、知らない場合は伝えてみてください。

以上が5000円支給の詳細になります。ご理解いただけたでしょうか。

次に現金支給の歴史を紹介します。

 

 

これまでの給付金の歴史を並べていきます。

①2020年、新型コロナ対策で特別定額給付金全住民に10万円給付金

②2019年、消費税の増税で低所得者・子育て世代などにプレミアム付商品券

③2015年、プレミアム商品券

④2009年、リーマンショックによる定額給付金1,2万円給付金(18歳以下・65歳以上は2万円)

⑤1999年、地域振興券として1人2万円

⑥1802年、インフルエンザ大流行で御救金7000円ほど

以上が給付金の歴史になります。

①はコロナによって生活が苦しくなった国民全体に給付金10万円給付するという対策ですよね。給付金10万円は生活の不便全てを払拭するほどの額ではありませんが、救われた人も多かったのではないでしょうか。

②の消費税の増税による商品券給付は買い物に行きやすくするなど色々な効果が見えます。

③、④、⑤もともに国民の生活の厳しさを和らげるような効果が見えます。

⑥の江戸時代の給付金は町・幕府を守るための危機管理能力の高さにより、スピード重視で給付されたと言われています。江戸時代災害や飢饉、感染症が多かったため、幕府は町を守る危機管理能力が高まったと言われています。

以上が給付金の歴史になります。過去の歴史から学べることも多いと思います。過去の歴史を見ても今回の5000円支給は少ないですよね。人口の変動もありますが、少なく感じます。

 

以上5000円支給に関する記事でした。いかがだったでしょうか。5000円支給に関する知識をつけることで給付金を貰えますよね。知識をつけることで生活の厳しさが和らぐ気がします。是非参考にしてみてください。最後までお読みいただきありがとうございました。

-ニュース
-, ,

© 2022 情報Cafe Powered by AFFINGER5