ニュース

ガソリン価格高騰に対抗する防衛策をあなたにだけこっそり教えます

 

 

今回はガソリンの価格が高騰し続けていることについて記事にしていきます。先月1月から石油輸出国の原油輸出困難によりガソリンの値段が高騰してしまいましたが、ロシア・ウクライナ戦争を受け、日本では更にガソリンの高騰が予想されています。

上がり続けるガソリンの価格、その主な原因と影響、個人でできる対策などを紹介していきます。光熱費が先月よりも上がっていると思った方はいないでしょうか。ガソリンは冬のシーズンである今日常の至る所に使われています。車のエンジンは勿論、室内に設置されているエアコンなど日常生活に欠かせない存在となっています。

そんな存在が価格高騰してしまうと色々と影響することがありますよね。是非最後まで読んで防衛策を身につけてください。

 

既に値上げがされているガソリンをさらに値上げするなどガソリンの価格が高騰しています。

レギュラーガソリンが全国平均170円を超えるのは2008年の13年ぶりです。1年前と比べると23%上昇の31円値上げしています。

その原因はどこにあるのでしょうか。その原因は原油が世界的に需給の逼迫です。需給の逼迫とは何か。世界的に原油が必要とされている中でその供給が間に合っていないということです。ガソリンの価格高騰に対して日本政府は補助金制度を導入していますが大きく変わっていません。

 

価格高騰による影響

次にガソリンの価格高騰による影響を考えましょう。

まず第1と考えられるのが家計への負担が増えることでしょう。ガソリン価格高騰により、エアコンや自動車を使用している人は自動的に出費が増えてしまいます。ガソリンを原材料とする製品を購入するとき、ガソリンの価格高騰によりその商品自体も高騰してしまいます。

その結果ガソリンを直接買うだけでなく、その他の商品を買うときにも出費が増えてしまうのです。ガソリン価格高騰による、

その他の商品のコスト増を負担してくれる企業もありますが価格を上げる企業もあるのです。ガソリン1つの価格高騰による影響は大きく個人での消費が引き下がってしまいます。

第2にGDP(国内総生産)の引き下げが考えられます。ガソリン価格高騰と円安の状態は日本の景気を悪化させるのに掛け算のように影響してしまっています。

 

価格高騰への防衛策

最後にガソリン価格高騰への防衛策を紹介していきます。消費者としての唯一の防衛策といえばガソリンの使用量を抑えることでしょう。

日本は原油をほぼ輸入のみで仕入れているため、輸出国の値段に従うことしかできないのです。そのため、ガソリンの価格を直接引き下げるなどの行動は難しいです。
自動車のメンテナンスを行ったり、エアコンの使用方法を見直したりが主な方法でしょう。

それにより燃費を抑えることができます。また、ガソリンの使わない電気自動車に乗り換える、電車や自転車の使用頻度を上げるなども考えられます。

ガソリンの不要な電気自動車に乗り換えることはこれからの未来を考えるととても有益な行動だと思います。

 

まとめ

以上ガソリン価格高騰による影響・原因・防衛策を紹介していきました。今回紹介した防衛策がガソリン価格高騰への唯一の方法だと考えられます。最後までお読みいただきありがとうございました。

-ニュース
-, ,

© 2022 情報Cafe Powered by AFFINGER5