ニュース

現役ドラフトの仕組みと巨人が反対していた理由

 

 

プロ野球で「現役ドラフト」が今オフの12月に開催される運びとなりましたが、これはどのような仕組みなのでしょうか。

 

現役ドラフトとは

導入までの経緯

正式名称は「ブレークスルードラフト」。日本のプロ野球選手会がメジャーリーグで既に導入されている「ルール5ドラフト」を見習う形で、出場機会が少ない中堅選手の移籍活性化を目的として導入を希望していました。

 

ルール5ドラフト

有望選手が活躍の場がないままマイナーリーグでくすぶってしまう状態になることを防ぐため他チーム所属の選手を指名して獲得できる制度。MLBの規約第5条にその内容が規定されていることから「ルール5ドラフト」と呼ばれている。

 

そして選手会の臨時大会においての議論や、選手会とNPB(日本野球機構)の選手関係委員会との間の折衝などを経て、その導入が週明け4月25日にも行われる12球団選手関係委員会などで正式決定する見通しとなり今年のオフシーズンである12月に第1回が開催される運びとなりました。

なんでも、最後まで反対していた巨人が賛成したことが導入に至る大きな要因だったとも言われています。

 

導入決定に至った理由

「戦力外選手の交換にしかならない」という意見が障害となっていましたが人気のある選手を提出すれば、指名順位が上がって希望通りの補強ができる可能性が高まる、というシステムとしたことで導入に対する批判はおさめられました。

 

現役ドラフトの仕組み

現役ドラフトとはどのような仕組みで行われるのでしょうか。それは以下の手順となります。

 

step
1
11月末までに戦力外通告をすべて終えた12球団が12月に来季の保留者名簿をNPBに提出する。

step
2
各球団はその保留者名簿の中から「年俸1億円未満の2~3選手」(育成契約選手を除く)を現役ドラフトに提出する。

step
3
各球団から提出された選手に対して、獲得を希望する球団が選手の入札を行う。

step
4
獲得希望の入札数がもっとも多い選手を提出した球団にまず最初の「指名権」が与えられる。

step
5
指名された選手の所属球団に次の指名権が与えられる、という手順で指名が続けられ各球団が指名するのは1選手とする。 

 

つまり

人気のない選手を提出した球団は、指名順位が下がって希望する選手を

獲得するのが難しくなる

逆に人気のある(ありそうな)選手を出せば、有望な他球団の選手を獲得できる

チャンスが増える

という仕組みです。各球団の戦略が大きくものを言いそうですね。

 

 

巨人が導入に反対していた理由とは

巨人が現役ドラフトの導入に反対していた理由は以下のような点でした。

 

・シーズンのさなかにサインプレーを変更する必要があり優勝争いをしている球団どうしで「スパイ」を送り込む羽目になりかねない

・不要な選手の押し付け合いになるのが目に見えている。

・シーズン佳境の夏場に現役ドラフトに関して選手にソワソワされてはたまらない。

・名簿に載って指名されず残った選手の心境によりチームの士気に大きくかかわる。

【参考・引用:現役ドラフト」NPB案に巨人・原監督は断固NO「今のままでは賛同できない」

これは当初現役ドラフトの実施時期が東京五輪によるシーズン中断期間の7月終盤となっていたための理由でもあり、その後シーズン終了後の実施へ変更されたことや
提出する選手数も当初8人から2~3選手に削減されたことなどが巨人が賛成に転じた理由と思われます。

 

ファンの意見

現役ドラフトの実施に関するプロ野球ファンの意見はいろいろあります。

 


選手層が厚くてこの制度に期待していない球団は有望選手を支配下に残すと思う。


「飼い殺しになる選手がいないように」と選手会側から要望されてできた制度だけど結局どこの球団も「戦力外にしようかと思う選手」しかが出てきそうな予感しかない。


まずはやってみてトライアンドエラーが必要。とにかく選手が不条理な目に合うのだけは避けてほしい。


何でオフシーズンに実施されるのでしょうか。ドラフトやトレード・助っ人補強などに結局は埋もれてしまうと思う。


結局各教団とも引退間近の選手を出すという結果になると思う。


とかく世論は選手側に寄りがちだけど球団経営の視点も大事だと思う。

 

 

 

 

 

賛否や制度の欠陥を指摘する意見など様々ですが、まずは「実施による1歩前進」で、その後に問題点を改善して結局一番大切な「選手のため」ひいては「ファンが喜ぶ仕組み」になれば良いのではないでしょうか。

-ニュース
-, , ,

© 2022 情報Cafe Powered by AFFINGER5